映画をみて感じたことを自由に綴ります

GWに入ってすぐ、女子会と称してディズニー映画好きの数名で『ズートピア』を観てきました。

やっぱりディズニー映画は期待を裏切らないで楽しめますね。

いつも感心してしまうのですが、色彩豊かでストーリーもハラハラドキドキさせられながらも、最後は必ずハッピーエンドを迎えてくれるし、やっぱりディズニー映画はいいですね。

ディズニー映画なので、家族連れもたくさんいらっしゃいましたが、時にはポロっと涙してしまうディズニー映画は、老若男女問わず安心して観られる映画なので貴重ですね。


ズートピアに登場する主役のウサギのジュディは、とっても活発な女の子。

あまり吹替は好まないのですが、ジュディ役の上戸彩さんの元気な声は、違和感も感じなくてイメージがピッタリ。

しかも、キツネのニックとひょんな事から一緒に謎の失踪をしてしまったカワウソ探しをするのですが、次第に種族を超えた本物の友情が芽生えてしまうなんて、さすがディズニーの物語は素晴らしい。

今の日本では、人種差別なんてありえない話ですから、肉食動物と草食動物との争いにすり替えて人類皆兄弟ではないですがストーリーを構成していて、スケールの大きな話に感動しました。

もちろんジュディの前向きに頑張る姿も可愛くて、見終わった後の爽快感とニックも警察官になった姿を見て、前向きになれて元気をもらった映画でした。
女子会のメンバーは全員女性向けAVも好きなので、そちらの作品もレビューしたいと思います。